戦後社会運動史論 : 1950年代を中心に

広川禎秀, 山田敬男 編

50年代のさまざまな社会運動(全面講和、基地反対、原水爆禁止、労働争議、サークル運動など)の分析を通じて、今日の民主主義破壊(=改憲政策)に対抗するための新たな社会運動の課題を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一九五〇年代の社会運動の歴史的位置(戦後社会運動史研究の方法と課題
  • 戦後労働争議史研究の方法と課題-「戦後民主主義」と社会運動の視点から
  • 総評の結成と左転換-戦後民主主義の担い手への道)
  • 2 一九五〇年代における社会運動の展開(全面講和の論理と運動-日本平和推進国民会議を中心に
  • ストックホルム・アピール署名運動とその歴史的背景
  • 「内灘闘争」と抵抗の「声」
  • 戦後平和運動の市民運動的形成-大阪の初期原水禁運動の担い手に着目して
  • 一九五〇年代のサークル運動と労働者意識-東亜紡織泊工場「生活を記録する会」にそくして
  • 女性教員の要求と運動-一九五〇年代前半・全国婦人教員研究協議会を中心に
  • 初期『社会主義』と社会主義協会-一九五一‐一九五三年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後社会運動史論 : 1950年代を中心に
著作者等 三輪 泰史
上野 輝将
吉田 ふみお
大森 実
大野 節子
山田 敬男
広川 禎秀
森下 徹
石月 静恵
福島 在行
書名ヨミ センゴ シャカイ ウンドウシ ロン : 1950ネンダイ オ チュウシン ニ
書名別名 Sengo shakai undoshi ron
出版元 大月書店
刊行年月 2006.1
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 4272210874
NCID BA7517527X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20995251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想