日本の科学/技術はどこへいくのか

中島秀人 著

科学/技術の未来に向けて、期待と不安が錯綜している。膨大な科学予算が投下され、専門化と実用化が進むいっぽう、若者の科学離れが叫ばれる。科学/技術の進歩が引き起こす様々な社会問題に、科学者は目を背けてはいないか。科学/技術の研究現場に足場を置きつつ、社会と科学を架橋するための創意に富んだ提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 科学書を読んで考える科学/技術の二一世紀(迷路の中の科学/技術
  • 理科系を解体する-理学知・工学知・知識のモード
  • 創造性豊かな社会を作るために-歴史からのアプローチ
  • 危機に立つ科学史・科学哲学)
  • 第2部 科学技術社会論の挑戦(科学者論は科学者論に留まれるか?
  • 科学論再考 科学における平等と公正)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の科学/技術はどこへいくのか
著作者等 中島 秀人
書名ヨミ ニホン ノ カガク ギジュツ ワ ドコエ ユクノカ
シリーズ名 フォーラム共通知をひらく
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.1
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4000263455
NCID BA75174594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20983131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想