書痴斎藤昌三と書物展望社

八木福次郎 著

1920年代後半から30年代は、日本近代出版史の中で質の高い書物と書物文化興隆の時代で、斎藤昌三はその中心を担った人物。「愛書趣味」「書物展望」などの雑誌、選ばれた著者と内容の良さで「書物展望社本」と呼ばれる凝った限定本は、書物愛好家の中で現在でも高い人気を誇る。著者は斎藤昌三との長いつき合いの中から、その波乱に富んだ生涯と作品、そして書痴たちとの交遊を描き出す。巻頭口絵にカラー書影16ページ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 座間時代・横浜時代
  • 2 「おいら」の時代
  • 3 「いもづる」と関東大震災
  • 4 「愛書趣味」の時代
  • 5 「書物展望」の時代
  • 6 晩年と没後
  • 7 書物展望社本と斎藤昌三の著作

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書痴斎藤昌三と書物展望社
著作者等 八木 福次郎
書名ヨミ ショチ サイトウ ショウゾウ ト ショモツ テンボウシャ
出版元 平凡社
刊行年月 2006.1
ページ数 182p 図版16p
大きさ 20cm
ISBN 4582833136
NCID BA75160975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20992678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想