原子力と人間 : 闇を生む光

小林公吉 著

26年間、高校教師であった著者が、その経験を生かして、わかりやすい"原子力"の解説書を書いた。著者はここで、「闇を生む光」としての"原子力"の姿を、鮮明、平易に示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アリの"遺品"
  • 第1章 原子力がやってきた
  • 第2章 原子力の正体
  • 第3章 原子力といっしょの暮らしその1 原子力発電
  • 第4章 原子力といっしょの暮らしその2 放射線
  • 第5章 原子力のない暮らし(とことん話そう)
  • 終章 人間は何を受けとったのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力と人間 : 闇を生む光
著作者等 小林 公吉
書名ヨミ ゲンシリョク ト ニンゲン : ヤミ オ ウム ヒカリ
書名別名 Genshiryoku to ningen
出版元 菁柿堂 : 星雲社
刊行年月 2005.11
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 4434072471
NCID BA75149393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20946599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想