論争する宇宙 : 「アインシュタイン最大の失敗」が甦る

吉井讓 著

アインシュタインだけではなく、数多くの天才たちが独創し、迷い、激しく論争しながら創り上げてきた「宇宙」の像。その途方もないスケールと気の遠くなる時間の中で、宇宙の果て、始まり、終わりを観測するとは、いったいどういうことだろう。そして、他ならぬアインシュタイン自身が「生涯最大の失敗」として否定した「宇宙定数」は、どうして甦ったか。自分たちの研究専用に自力で「すばる」に次ぐ日本第二の望遠鏡を作ってしまった銀河物理学者の案内でめぐる。好奇心満開、宇宙論の最先端。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二〇世紀宇宙論の始まり
  • 第2章 宇宙観測の進展
  • 第3章 行き詰まった宇宙論
  • 第4章 宇宙の構造を決めるもの
  • 第5章 よみがえる宇宙定数
  • 第6章 宇宙の最深部を探る
  • 第7章 マグナム・プロジェクト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論争する宇宙 : 「アインシュタイン最大の失敗」が甦る
著作者等 吉井 譲
吉井 讓
書名ヨミ ロンソウスル ウチュウ : アインシュタイン サイダイ ノ シッパイ ガ ヨミガエル
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2006.1
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4087203271
NCID BA7514471X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20964021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想