共形場理論入門

山田泰彦 著

本書は、共形場理論の基礎を、数学、物理学どちらの学生でも読めるようにまとめられた入門的解説書である。共形場理論の考え方や背景を手軽に知ることができるよう、多くの話題を紹介しつつ、定義や定理の詳細にこだわることなく、基本的な計算の手順、具体的な例を豊富に盛り込みながら、平易で詳しい解説がなされている。数理物理の飛躍的進展の中でくり返し活用され、ますます重要性の増している共形場理論について、基本的な結果と方法を学ぶことのできる絶好の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 作用素の代数
  • 2 自由場
  • 3 ミニマル模型
  • 4 WZW模型
  • 5 自由場表現
  • 6 Riemann面上の理論
  • 7 特論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共形場理論入門
著作者等 山田 泰彦
書名ヨミ キョウケイバ リロン ニュウモン
シリーズ名 数理物理シリーズ / 土屋昭博, 砂田利一 共編 1
出版元 培風館
刊行年月 2006.1
ページ数 265p
大きさ 22cm
ISBN 4563006610
NCID BA75140413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20975096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想