新鉱物発見物語

松原聰 著

「新鉱物」の発見という世界初への挑戦には、それを支える多くの人や石との出会いがあり、また失敗やフィールドでのハプニングなどのさまざまなドラマがある。長年にわたって実際にフィールドを歩いて調査してきた著者が、新鉱物の発見にまつわる物語や三宅島噴火などを紹介して石から見た自然観を語る。カラー口絵付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 地球からの贈り物たち(不思議がつまった石たち-地面の石に目を向けよう新しいものを求めて探検することはおもしろい!)
  • 2 どんな石が新鉱物?(青い翡翠?!-糸魚川石
  • 二〇世紀最後の元素鉱物-パラ輝砒鉱 ほか)
  • 3 新鉱物、命名にも一工夫(意外と少ない県名のついた鉱物-岡山石
  • アマチュア鉱物研究家が鉱物名に-長島石 ほか)
  • 4 新発見には物語がつきもの(ちょっとした違いに目を向ける-磐城鉱
  • 二つの故郷を持つ石-種山石 ほか)
  • 5 石は地球そのもの(地球を形作る石たち-鉱物から見た自然観
  • 噴火は地球の脈動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新鉱物発見物語
著作者等 松原 聡
書名ヨミ シンコウブツ ハッケン モノガタリ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 115
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.1
ページ数 127p
大きさ 19cm
ISBN 4000074555
NCID BA75128076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20982774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想