犯罪心理学

C.R.バートル, A.M.バートル 著 ; 羽生和紀 監訳 ; 横井幸久, 田口真二 編訳

凶悪な犯罪の背景には、人間の心理と行動の偏りを生む、様々な要因が隠されている。行動科学の視点から人間の犯罪行動を包括的に論ずる、米国で版を重ねた犯罪心理学教科書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 犯罪行動学への招待
  • 少年犯罪-発達的要因
  • 犯罪行動の原因-生物学的要因
  • サイコパス-生物心理学的要因に焦点を当てて
  • 犯罪行動の原因-学習と状況要因
  • 犯罪と精神障害
  • 人間の攻撃性と暴力
  • 殺人、暴行、および家族内暴力
  • 殺人に関するより詳細な検討
  • 性犯罪
  • 経済犯罪、風紀紊乱罪、その他各種犯罪
  • ドラッグと犯罪
  • 矯正の心理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪心理学
著作者等 Bartol, Anne M
Bartol, Curt R.
横井 幸久
田口 真二
羽生 和紀
バートル アン・M.
バートル カート・R.
書名ヨミ ハンザイ シンリガク : コウドウ カガク ノ アプローチ
書名別名 Criminal behavior. (7th ed.)

行動科学のアプローチ
出版元 北大路書房
刊行年月 2006.1
ページ数 680p
大きさ 22cm
ISBN 4762824798
NCID BA7512118X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20974512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想