わかりやすさの本質

野沢和弘 著

世の中には難しい出来事があふれ、それを伝えるメディアの言葉も難解だ。障壁だらけの現代社会で、そうした情報を誰にもわかりやすく伝える表現とは何か。本書は、新聞記者と知的障害者が、ともに取材・執筆・編集に挑戦する新聞「ステージ」の知恵と工夫を紹介。難しい記事をわかりやすく書き、表現する試行錯誤を通して、新しいコミュニケーションを考察する、画期的な「バリアフリー文章流儀」入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 やさしい記事・難しい記事(「ステージ」誕生
  • O157 ほか)
  • 第2章 わかりやすさの技法(長いと難しくなる
  • 主語と述語の微妙な関係 ほか)
  • 第3章 迷路のような社会(新聞語
  • 比喩 ほか)
  • 第4章 障害とコミュニケーション(知的障害者の文章
  • メモリー ほか)
  • 第5章 ドラマから裁判まで-バリアを解く(「聖者の行進」を見に行く
  • アルジャーノンに花束を ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかりやすさの本質
著作者等 野沢 和弘
書名ヨミ ワカリヤスサ ノ ホンシツ
シリーズ名 生活人新書 169
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2006.1
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4140881690
NCID BA7510980X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20967700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想