企業法とコンプライアンス

郷原信郎 編著

「法令遵守」を否定することは決して「法令」を軽視することではない。企業が「社会的要請」を把握し、コンプライアンス方針を明確にするためには、法の趣旨・目的と社会の価値観との関係を正しく認識する必要がある。そのためには、企業活動に関する法を体系的に理解することが不可欠だ。本書では、企業にとって重要な法律ないし法分野として、会社法、独占禁止法、証券取引法、知的財産法、労働法の5つを取り上げ、企業法としての体系を重視しつつ、趣旨・目的との関係を中心に解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(コンプライアンスと法令遵守、企業の社会的責任(CSR)、内部統制
  • コンプライアンスによる問題解決の前提)
  • 第1章 企業法の基本的・体系的理解(企業と憲法・民法・刑法
  • 企業法の体系 ほか)
  • 第2章 企業法として重要な5つの法(会社法
  • 独占禁止法 ほか)
  • 第3章 コンプライアンスの基本的手法(フルセット・コンプライアンスの5要素と相互関係
  • コンプライアンス問題に関する事実解明と分析 ほか)
  • 第4章 事例問題とコンプライアンスに関連する裁判例等の紹介(事例問題と解説
  • コンプライアンスに関連する裁判例等)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業法とコンプライアンス
著作者等 郷原 信郎
書名ヨミ キギョウホウ ト コンプライアンス : ホウレイ ジュンシュ カラ シャカイテキ ヨウセイ エノ テキオウ エ
書名別名 "法令遵守"から"社会的要請への適応"へ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2006.1
ページ数 310p
大きさ 21cm
ISBN 4492532056
NCID BA75102764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20968510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想