日本の漢字

笹原宏之 著

誰にも読めない「幽霊文字」、特定の職業で使われる文字、個人が造った漢字…。中国から取り入れた漢字を日本語として使いこなすための試行錯誤の中から生まれてきた、驚くほど多様な文字の世界を紹介する。意味、用法から字画に至るまで柔軟に変容をとげた「日本の漢字」の歴史から、日本語表記の豊かさを支えてきたものが見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漢字を受け入れる-日本の多様な文字体系
  • 第2章 「圓」から「円」へ-俗字・国字の誕生
  • 第3章 よく見る漢字
  • 第4章 文字から見える社会
  • 第5章 地名と漢字
  • 第6章 一人だけの文字
  • 第7章 日本人のための漢字とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の漢字
著作者等 笹原 宏之
書名ヨミ ニホン ノ カンジ
書名別名 Nihon no kanji
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.1
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4004309913
NCID BA75095294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20979587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想