言語類型の起源と系譜

近藤健二 著

未開の新領域を拓く雄大な言語史研究。能格言語と活格言語と主格言語の起源、インド・ヨーロッパ語における文法的な生と性の成り立ち、日本語を含むアジア太平洋諸語の同系性、そしてシュメール語とエラム語の驚くべき系譜が斬新な方法で論じられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 能格言語の起源
  • 第2章 分裂能格の諸相
  • 第3章 主格言語における特殊な主語
  • 第4章 活格言語の起源
  • 第5章 二つの生と三つの性の起源
  • 第6章 人称標識の起源とアジア太平洋諸語の系譜
  • 第7章 祖形*‐ga、*‐ti、*‐maの日本語反映形
  • 第8章 シュメール語とエラム語の系統
  • 展望:「日本語のタミル語起源」説の彼方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語類型の起源と系譜
著作者等 近藤 健二
書名ヨミ ゲンゴ ルイケイ ノ キゲン ト ケイフ
出版元 松柏社
刊行年月 2005.12
ページ数 503p
大きさ 22cm
ISBN 4775400940
NCID BA75092310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20964305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想