宇宙をかき乱すべきか : ダイソン自伝  下

F.ダイソン 著 ; 鎮目恭夫 訳

相対性理論と量子力学を量子電気力学的に統合した数式「ダイソン方程式」を24歳で発表し、その後物質の安定性、相転移、重力理論等純粋物理研究の他、地球外知的文明、原子炉設計、核軍縮問題等広汎な分野で研究を続けている知性の巨人による自伝。科学のみならず、哲学、芸術、宗教等への深い造詣に裏打ちされた言葉は、科学・技術のあり方、ヒトという種の未来について叡智に満ち溢れている。宇宙論的視野に立ち、遠大な未来展望を与えてくれる本書は、基礎的な科学教養書の名著として名高い。下巻は、科学者の社会的良心、地球外生物の探索、宇宙空間の利用、心と思考の考察などのエピソードを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 2 アメリカ(国防の倫理
  • ドーヴァー・シャープの惨死
  • ドクター・モローの島
  • アレオパジティカ-科学研究の自由について)
  • 3 地平を超えて(遠くにある鏡
  • 思考実験
  • 地球外の生物と文明
  • クレードとクローン-生物学的進化と文化の進化について
  • 銀河系の緑化
  • 地球に戻って
  • 神の企図からの論証
  • 地と天の夢)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙をかき乱すべきか : ダイソン自伝
著作者等 Dyson, Freeman J
鎮目 恭夫
Dyson Freeman John
ダイソン F.
書名ヨミ ウチュウ オ カキミダスベキカ : ダイソン ジデン
書名別名 Disturbing the universe
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.1
ページ数 240, 14p
大きさ 15cm
ISBN 4480089616
NCID BA7508854X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20990578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想