はじまりの死生学

平山正実 著

いのちよりも大切なもの。それはいま、ここに、あなたが"存在"しているということ。自分自身の"存在"に気づくことで病や死の苦悩を希望へとつなげていける。豊富な臨床経験をもつ精神科医が新たな生命の視点を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自然をどう考えるか
  • 第2章 「神」は存在するか
  • 第3章 存在するということはどういうことか
  • 第4章 存在を滅ぼす悪の力、悪からの救済
  • 第5章 存在と記憶
  • 第6章 われわれはどこから来てどこへ行くのか
  • 第7章 自由について考える
  • 第8章 病と痛みから生まれるもの
  • 第9章 スピリチュアリティの存在論
  • 第10章 いのちについて
  • 第11章 新しい死生学の構築へ向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじまりの死生学
著作者等 平山 正実
書名ヨミ ハジマリ ノ シセイガク : アル コト ト キズク コト
書名別名 「ある」ことと「気づく」こと

Hajimari no shiseigaku
出版元 春秋社
刊行年月 2005.12
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4393361202
NCID BA75086908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20966033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想