世界遺産と歴史学

佐藤信 編

本書は、二〇〇四年(平成十六)十一月十三日に開かれた史学会大会の日本史・東洋史・西洋史にわたる公開シンポジウム「世界遺産と歴史学」をもとにして、当日の報告・コメントだけでなく、「世界遺産と歴史学」をより立体的に考える上で必要と思われるテーマについての論考をも寄せていただいて編集した、史学会シンポジウム叢書の一編である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 世界遺産の理念(世界遺産の理念と制度
  • 世界遺産条約の理念と課題
  • 文化財と世界遺産
  • 世界遺産と歴史学の課題)
  • 2部 世界遺産の諸相(「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録と今後の課題
  • 古都平泉の生活・文化遺産
  • 鎌倉と世界遺産
  • 中国の世界遺産
  • 韓国のユネスコ登録遺産-世界文化遺産・無形文化遺産・記録遺産
  • 西アジアの世界遺産
  • ギリシアの世界遺産)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界遺産と歴史学
著作者等 五味 文彦
佐藤 信
入間田 宣夫
吉田 光男
増渕 徹
寺西 貞弘
本中 真
松田 陽
桜井 万里子
羽田 正
青柳 正規
鶴間 和幸
書名ヨミ セカイ イサン ト レキシガク
書名別名 Sekai isan to rekishigaku
シリーズ名 史学会シンポジウム叢書
出版元 山川出版社
刊行年月 2005.12
ページ数 217p
大きさ 21cm
ISBN 4634523515
NCID BA75082882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20961293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想