古代中世の政治と権力

義江彰夫 編

古代から中世における多種多様な領域を、日中韓の気鋭の研究者三十二人が集いその諸相を描き出した待望の論集第三冊。「国制の諸相」「権力と社会」「政治と文化」の三部構成からなり、学界注目の最新論文十篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国制の諸相(藤原仲麻呂政権下の品部・雑戸と官奴婢
  • 班符と租帳-平安中・後期の班田制について
  • 鎌倉時代前期における国家的検断権の構造と展開 ほか)
  • 2 権力と社会(平城宮中枢部の構造-その変遷と史的位置
  • 室町期の都市京都における長夫勤仕の実態
  • 『孫子兵法』を通してみる倭寇史最大の激戦(荒山戦闘))
  • 3 政治と文化(大江広元像の再検討
  • 『吾妻鏡』に見る将軍の装い-直衣着用を中心に
  • 室町期における将軍一門香火所と大徳寺養徳院)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代中世の政治と権力
著作者等 三谷 芳幸
上杉 和彦
中井 真木
佐々木 文昭
川本 慎自
春名 宏昭
李 領
渡辺 晃宏
義江 彰夫
西田 友広
高橋 慎一朗
書名ヨミ コダイ チュウセイ ノ セイジ ト ケンリョク
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.2
ページ数 271p
大きさ 22cm
ISBN 4642024468
NCID BA75082656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20974517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想