江戸の海外情報ネットワーク

岩下哲典 著

鎖国下の江戸で、人びとはどのようにナポレオンやベトナム象などの海外情報を入手したのか。ペリーの砲艦外交やロシア軍艦の対馬占拠事件を分析。海外情報ネットワークが、ついには幕府の崩壊をもたらした姿を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 情報の役割-プロローグ
  • 海外情報の収集・発信の地-長崎と横浜
  • 異国情報と江戸社会
  • 緊迫する海外情勢と国内政治
  • 幕末の異国船来航と情報分析
  • 情報と幕府の崩壊-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の海外情報ネットワーク
著作者等 岩下 哲典
書名ヨミ エド ノ カイガイ ジョウホウ ネットワーク
書名別名 Edo no kaigai joho nettowaku
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 207
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.2
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 4642056076
NCID BA75078739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20978926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想