岩倉具視

佐々木克 著

いまだ「策謀政治家」のイメージが根強い岩倉具視。理想の新国家樹立に奔走したその実像とは?大久保利通らと王政復古を実現、立憲政体を目指す途上に斃れたその生涯を描く。虚像を覆し、人間岩倉の豊かな個性に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 朝廷政治への登場(開国
  • 公武合体と破約攘夷)
  • 2 隠棲の日々(洛北岩倉村へ
  • 庶政委任体制)
  • 3 王政復古(叢中有鳴虫の始動
  • 王政復古の政変)
  • 4 明治の新政(新政府
  • 廃藩置県への道)
  • 5 立憲政体をめざして(岩倉・大久保体制
  • 明治十四年の決断)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩倉具視
著作者等 佐々木 克
書名ヨミ イワクラ トモミ
シリーズ名 幕末維新の個性 5
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.2
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 4642062858
NCID BA75078422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20979289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想