「ニート」って言うな!

本田由紀, 内藤朝雄, 後藤和智 著

「ニート」とは、働かず、就学もせず、求職行動もとっていない若者を指す言葉で、日本では二〇〇四年頃より使われ始め、その急増が国を揺るがす危機のように叫ばれている。様々な機関が「ニート」の「人間性」を叩き直そうと「支援」の手を差し押べており、多額の予算が動いている。このような状況下において、本書では、まず、日本での「ニート問題」の論じられ方に疑問を覚える本田由紀氏が、「ニート」という言葉自体の不適切さを量と質の両面から明らかにする。また、『いじめの社会理論』の著者である内藤朝雄氏は、「ニート」が大衆の憎悪と不安の標的とされていることを挙げ、憎悪のメカニズムと、「教育」的指導の持つ危険な欲望について解説する。さらに、ブログ上で「俗流若者論批判」を精力的に展開し注目を浴びている後藤和智氏が、「ニート」を巡る言説を詳しく検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「現実」-「ニート」論という奇妙な幻影(「ニート」のイメージは間違っている
  • 若者に対して真に必要な支援は何か)
  • 第2部 「構造」-社会の憎悪のメカニズム(青少年ネガティヴ・キャンペーン
  • 佐世保事件にみる諸問題
  • ニートをめぐる「祭り」の状況 ほか)
  • 第3部 「言説」-「ニート」論を検証する(「ニート」論前夜-「自立しない若者」への苛立ち
  • 「ニート」論はいかにして広まったか
  • 週刊誌における「ニート」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ニート」って言うな!
著作者等 内藤 朝雄
後藤 和智
本田 由紀
書名ヨミ ニート ッテ ユウナ
書名別名 Nito tte yuna
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2006.1
ページ数 310p
大きさ 18cm
ISBN 4334033377
NCID BA75076755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想