藤原定家 : 古典書写と本歌取

依田泰 著

定家はなぜ『土左日記』においてだけ仮名遣いが極度に乱れたのであろうか。本書は定家の機能的な書写態度に原因を見る。他、『古今集』の掛詞や、本歌取の新しい読み等。新見に満ちた注目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 定家の古典書写(定家本『土左日記』における仮名遣について
  • 定家本『土左日記』仮名遣小考-「を」と「乎」に関するノート
  • 藤原定家の古典書写-嘉禄二年本『古今集』の場合 ほか)
  • 2 藤原定家と本歌取(定家「本歌取」の一様相
  • 「本歌取」覚え書き
  • 本歌取臆見 ほか)
  • 3 定家の周辺(西行歌小考-「年たけて〜」歌の生成
  • 寂蓮の古歌受容-『無題百首』を中心に
  • 寂蓮の西行・定家歌受容)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原定家 : 古典書写と本歌取
著作者等 依田 泰
書名ヨミ フジワラ サダイエ : コテン ショシャ ト ホンカドリ
出版元 笠間書院
刊行年月 2005.12
ページ数 231p
大きさ 22cm
ISBN 4305703092
NCID BA75069501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20973074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想