日本を滅ぼす教育論議

岡本薫 著

おそらくは、日本人の多くに共通する何らかの思考プロセスや、陥りがちな論理の陥穽のようなもの-が、日本における教育論議に「すれ違い」や「カラ回り」をもたらし、建設的な教育論議を妨げているのではないか、ということを、ずっと思い続けてきた。以下、これまで漠然と感じてきたそのような「違和感」や「おかしなこと」の背景や構造を、分析・整理しつつ述べていきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「マネジメント」の失敗
  • 第1章 「現状」の認識に関する論議の失敗
  • 第2章 「原因」の究明に関する論議の失敗
  • 第3章 「目標」の設定に関する論議の失敗
  • 第4章 「手段」の開発に関する論議の失敗
  • 第5章 「集団意思形成」に関する論議の失敗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本を滅ぼす教育論議
著作者等 岡本 薫
書名ヨミ ニホン オ ホロボス キョウイク ロンギ
書名別名 Nihon o horobosu kyoiku rongi
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2006.1
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4061498266
NCID BA7506827X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20975097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想