世界の宗教と信仰 : 八つの型と共存への道

加藤智見 著

神道・仏教・道教・ヒンドゥー教・ゾロアスター教・キリスト教・イスラム教・古代ギリシア宗教-その神観・人間観・信仰の特徴を振り返り、共通の核心、風土からくる違いなどを平易に紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世界の信仰(神道の信仰-真情型信仰
  • 仏教の信仰-信解型信仰
  • 道教の信仰-自然型信仰
  • ヒンドゥー教の信仰-合一型信仰
  • ゾロアスター教の信仰-選択型信仰
  • キリスト教の信仰-契約型信仰
  • イスラム教の信仰-服従型信仰
  • 古代ギリシア宗教の信仰-嘆願型信仰)
  • 第2部 宗教の共存に向けて(世界の信仰に共通するもの-歓喜の論理
  • 信仰と風土の相関関係を理解し合う
  • 宗教の共存と宗教教育
  • 日本人の寛容性と宗教の共存)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の宗教と信仰 : 八つの型と共存への道
著作者等 加藤 智見
書名ヨミ セカイ ノ シュウキョウ ト シンコウ : ヤッツ ノ カタ ト キョウソン エノ ミチ
出版元 大法輪閣
刊行年月 2005.12
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4804612289
NCID BA75066274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20952081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想