東南アジアの魚とる人びと

田和正孝 著

ここ十数年、毎年のように島嶼東南アジアの海辺を歩いてきた。マングローブ湿地や延々と続く砂浜海岸、サンゴ礁の小島で、小規模な漁業を営む多くの人びとに出会った。彼/彼女らは、海の利用方法や生活様式など、様々なことを私に教えてくれた。…荷物はそれほどいらない。フィールドノートとボールペン、メジャーとばねばかりを携えて、「東南アジアの魚とる人びと」に出会う旅に出かけよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東南アジアの漁業を読みとくキーワード
  • 1 越境と資源管理(マラッカ海峡の越境漁
  • 漁業者の知恵)
  • 2 アジアをつなぐ人とモノ(アジアの活魚流通
  • マレー半島・塩干魚紀行)
  • 3 漁業地域の変貌(変わる海口
  • 干潟漁業の二〇年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジアの魚とる人びと
著作者等 田和 正孝
書名ヨミ トウナン アジア ノ ウオ トル ヒトビト
シリーズ名 叢書・地球発見 2
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2006.2
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4779500028
NCID BA75059337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20995261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想