禅と日本文化 : 対訳

鈴木大拙 著 ; 北川桃雄 訳

日本文化および日本的性格の形成の上で、禅は大きな役割を果たしてきた。その事例をさまざまに掲げながら、詳細に説き明かした日本文化論の不朽の名著。鈴木大拙博士の格調高い英文に、北川桃雄氏の定評ある翻訳を添えた、現代人のための対訳版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 禅の予備知識
  • 第2章 禅と美術
  • 第3章 禅と武士
  • 第4章 禅と剣道
  • 第5章 禅と儒教
  • 第6章 禅と茶道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禅と日本文化 : 対訳
著作者等 北川 桃雄
鈴木 大拙
書名ヨミ ゼン ト ニホン ブンカ : タイヤク
書名別名 Zen Buddhism and its influence on Japanese culture. (第1-6章)

Zen and Japanese culture

Zen to nihon bunka
出版元 講談社インターナショナル
刊行年月 2005.12
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 4770040261
NCID BA75038654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20967147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想