近代日本の身装文化 : 「身体と装い」の文化変容

高橋晴子 著

髪型・服装・しぐさ=身装。明治維新以降、近代化の過程で「身装」はいかなる変容を経て、また、どのように認識されてきたのか。国立民族学博物館のデータベース構築を手がけた著者が、現代にのこる膨大な資料-絵画、写真などにみる画像、新聞、雑誌、小説といった文献データ-を、仔細に分析した労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基本画像資料の分析・批判(絵画
  • 明治中期の新聞小説挿絵
  • 写真と写真メディア)
  • 第2部 身装文献資料の分析・批判(新聞記事に含まれる身装主題の特色
  • 雑誌記事に含まれる身装主題の特色
  • 一八六八年以後刊行図書中の関連記事の探索方法 ほか)
  • 第3部 近代日本における「美しいひと(女性)」イメージの諸類型(「美しいひと」評価における感覚的価値観
  • 評判小説にみる「美しいひと」のイメージ
  • 美人画にみる「美しいひと」のイメージ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の身装文化 : 「身体と装い」の文化変容
著作者等 高橋 晴子
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ シンソウ ブンカ : シンタイ ト ヨソオイ ノ ブンカ ヘンヨウ
出版元 三元社
刊行年月 2005.12
ページ数 448, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4883031713
NCID BA75024707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21044996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想