ジハードとフィトナ

ジル・ケペル 著 ; 早良哲夫 訳

イラク戦争と欧米諸国の策動、ネオコンの革命、イスラム過激派の行方…。聖戦に対立する「フィトナ」(内なる戦い)を新たなキーワードに、9.11以後の中東世界を大胆に読み解く戦慄の現代イスラム論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-ジハードとフィトナ
  • 第1章 オスロ和平の挫折
  • 第2章 ネオコンの革命
  • 第3章 遠くの敵を攻撃する
  • 第4章 追いつめても倒れないアルカイダ
  • 第5章 台風の目-サウジアラビア
  • 第6章 パンドラの箱-イラク
  • 第7章 ヨーロッパの戦い
  • 結論-引き裂かれるイスラム世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジハードとフィトナ
著作者等 Kepel, Gilles
早良 哲夫
ケペル ジル
書名ヨミ ジハード ト フィトナ : イスラム セイシン ノ タタカイ
書名別名 Fitna,guerre au coeur del'islam

イスラム精神の戦い

Jihado to fitona
出版元 NTT
刊行年月 2005.12
ページ数 392p
大きさ 20cm
ISBN 4757141203
NCID BA75024172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20967253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想