港町と海域世界

歴史学研究会 編 ; 村井章介 責任編集

港町を舞台に、新たな歴史の扉が開く。水陸の交通路が接触し、さまざまな人や人物・情報が行き交う港町の姿をつうじて、国境を超えた広域ネットワークの実態を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環日本海と環シナ海(北東アジアの河川、海上交通とその拠点-「満洲仮府」デレンの繁栄
  • 「鎖国」下の密貿易と環日本海の港町
  • 「庚申年の倭寇」歴史地理学的検討-鎮浦口戦闘を中心として ほか)
  • 第2部 イスラームとインドの海(東南アジアのイスラーム港市と陶磁貿易
  • 一三〜一六世紀、コロマンデル海岸の港町-刻文史料と中国陶磁器片にみる
  • ペルシア湾と砂漠を結ぶ港町)
  • 第3部 地中海から北海へ(近世のヴェネツィア絹織物産業とオスマン市場
  • キオスに集う人々-中世ジェノヴァ人公証人登記簿の検討から
  • 海峡都市ストックホルムの成立と展開-メーラレン湖とバルト海のあいだで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 港町と海域世界
著作者等 亀長 洋子
佐々木 史郎
佐々木 達夫
坂井 隆
李 領
村井 章介
根本 聡
桃木 至朗
檀上 寛
歴史学研究会
池内 敏
辛島 昇
飯田 巳貴
書名ヨミ ミナトマチ ト カイイキ セカイ
シリーズ名 シリーズ港町の世界史 1
出版元 青木書店
刊行年月 2005.12
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 425020538X
NCID BA74979012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21043589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想