江戸の英吉利熱 : ロンドン橋とロンドン時計

タイモン・スクリーチ 著 ; 村山和裕 訳

「この町はどういうわけかロンドンを思い出させる」鎖国期、江戸とロンドンはつながっていた-。将軍が愛したイギリス製時計、ロンドン橋を模写した旗本。イギリス発の科学技術に心奪われる文人。知られざる日英視覚交流を明らかにする「想像の交易」の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 想像の交易
  • 第1章 平戸商館にて
  • 第2章 布、鎧、ポルノグラフィー-モノの交易をとりまく逸話
  • 第3章 時計に憑かれた江戸っ子
  • 第4章 江戸のロンドン
  • 第5章 海を渡った美術品-屏風と遠眼鏡
  • 第6章 絵の国イギリス
  • 第7章 帝国主義イギリスの登場-憧憬から恐怖へ
  • 結び 二重の歴史の物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の英吉利熱 : ロンドン橋とロンドン時計
著作者等 Screech, Timon
村山 和裕
スクリーチ タイモン
書名ヨミ エド ノ イギリス ネツ : ロンドンバシ ト ロンドン ドケイ
シリーズ名 講談社選書メチエ 352
出版元 講談社
刊行年月 2006.1
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062583526
NCID BA74976284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20967718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想