大江戸曲者列伝  幕末の巻

野口武彦 著

ペリーに抱きついたマジメ学者、アメリカ女性にもてた少年通訳、先祖の悪名が気になる大名、殺しを愛した勤王家、机上作戦では必勝の指揮官、銃弾に散った旗本、クリカラモンモンの歩兵差図役…など三十八人。歴史変動は万人が避けられぬ巨大災害だ。切羽詰まった現場のナリフリ構わぬ姿にこそ人の器が出る。いかに土壇場を切り抜けたか、あるいは切り抜け損なったか。目が離せない幕末ドタバタ人物誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 急転(ことわられた密航-吉田松陰
  • ペリーに抱きついた男-松崎純倹
  • 能ある鷹は爪を剥がす-岩瀬忠震 ほか)
  • 第2章 狂乱(殺しのライセンス-岡田以蔵
  • 昔はテロを辞さず-伊藤博文
  • 幕末の二重スパイ-大庭恭平 ほか)
  • 第3章 残影(クーデター大好き-岩倉具視
  • 江戸城に放火せよ-伊牟田尚平
  • 軍師の末裔-竹中重固 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大江戸曲者列伝
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ オオエド クセモノ レツデン
シリーズ名 新潮新書
巻冊次 幕末の巻
出版元 新潮社
刊行年月 2006.2
ページ数 220, 9p
大きさ 18cm
ISBN 4106101564
NCID BA74963624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20989275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想