なにもかもなくしてみる

太田省吾 著

世界に衝撃を与えた演劇手法「沈黙と遅いテンポ」。その太田省吾が、"今、ここに生きている"をテーマに新たな演劇計画に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エゴが消失する"ハイ"("消える"という目標
  • エゴが消失する"ハイ"の可能性
  • "本気にすることができない"ということ
  • 劇言語はどこにあるか
  • 劇場と貧困なる経験)
  • 2 存在の物語へ("沈黙"のありか
  • "沈黙"の計画 ほか)
  • 3 ナショナルなものへの疑い(西洋近代との"葛藤"の行方
  • 思考停止点としてのナショナルなもの
  • "ナショナルなもの"への疑い
  • 歴史の誘惑)
  • 4 身体をつかった言葉(身体をつかった言葉 戸井田道三
  • わたしの古典 W・ボルヒェルト
  • 近刊を読む)
  • 5 人はどういふことがしないでゐられないだらう(美術から演劇構造をみる
  • 少女王国の帰趨 バルテュス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なにもかもなくしてみる
著作者等 太田 省吾
書名ヨミ ナニモカモ ナクシテミル
シリーズ名 五柳叢書 86
出版元 五柳書院
刊行年月 2005.11
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4901646087
NCID BA74963373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21001834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想