日本語とはどういう言語か

石川九楊 著

日本語の文体は、漢詩・漢文体と、和歌・和文体を両極として成立している。その二重複線構造をもつ言語における「書字」への、総合的で内在的な分析を通して誕生した石川「日本語論」の精髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文(かきことば)篇(日本語の輪郭
  • 日本語とはどういう言語か
  • 日本語の書法)
  • 言(はなしことば)篇(日本語とはなにか
  • 文字とはなにか
  • 日本文化とはなにか
  • 日本文化論再考
  • 日本語のかたち
  • 声と筆触
  • 文字と文明)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語とはどういう言語か
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ ニホンゴ トワ ドウユウ ゲンゴ カ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.1
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 4120036979
NCID BA74958792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20993879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想