生理心理学 : 脳のはたらきから見た心の世界

岡田隆, 廣中直行, 宮森孝史 共著

本書は、はじめて学ぶ人のために、生理心理学のエッセンスをコンパクトにまとめた教科書です。細胞・分子といったミクロなレベルから、精神疾患と脳との関係に至るまで、主要分野を幅広くカバーしました。基本事項のみならず、最新の知見も盛り込み、発展していく生理心理学の世界の雰囲気も伝えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生理心理学への招待
  • 脳の構造
  • 脳の信号
  • 脳と知覚
  • 脳と記憶
  • 学習
  • 情動
  • 動機づけ
  • 心の病気と脳
  • 側性化:大脳半球の機能的非対称性
  • 睡眠
  • 意識
  • 臨床心理学と脳科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生理心理学 : 脳のはたらきから見た心の世界
著作者等 宮森 孝史
岡田 隆
廣中 直行
書名ヨミ セイリ シンリガク : ノウ ノ ハタラキ カラ ミタ ココロ ノ セカイ
シリーズ名 コンパクト新心理学ライブラリ / 梅本尭夫, 大山正 監修 14
出版元 サイエンス社
刊行年月 2005.12
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4781911099
NCID BA74957279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20972423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想