記憶の宿る場所

土岐恒二, 児玉実英 監修

20世紀の詩に決定的な影響を与えながら、つねに騒然と論議を呼び起こしてきたアメリカン・モダニズムの巨星、エズラ・パウンド-。その謎に満ちた詩と詩人の全体像を気鋭のパウンディアンが多面的・包括的に明らかにする。専門家だけでなく広く現代文学の読者にむけて編まれたパウンド研究の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦略としてのイマジズム-パウンドが求めた「探求の言語」とは
  • 2 「死んだ芸術」は蘇るか-「ヒュー・セルウィン・モーバリー」瞥見
  • 3 「半透明」な変身-『キャセイ』の感傷なき抒情
  • 4 パウンドと孔子の「〓(きょう)」-『詩篇』と東洋
  • 5 世界の部分-『詩篇』とヨーロッパ
  • 6 『ピサ詩篇』以前/以後-『詩篇』とファシズム
  • 7 オリーブの枝の輝くところに-パウンドと女性たち
  • 8 「年老いて」-パウンドとイェイツ
  • 9 「活力」と「原罪」-パウンドとエリオット
  • 10 贈与交換と職業倫理-パウンドとウィリアムズ
  • 11 『詩篇』の余白に-パウンド以降のアメリカ詩、オルスンとスナイダー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶の宿る場所
著作者等 児玉 実英
土岐 恒二
書名ヨミ キオク ノ ヤドル バショ : エズラ パウンド ト 20セイキ ノ シ
書名別名 エズラ・パウンドと20世紀の詩
出版元 思潮社
刊行年月 2005.10
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4783728631
NCID BA74934579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20953758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想