近代天皇制と国民国家 : 両性関係を軸として

早川紀代 著

女帝の否定と女性の政治領域からの排除を決定づけた皇室典範と家族法。その成立過程を再検討し、アンバランスな両性関係を規定した近代日本の法制度や国家道徳が抱えもつ二重構造を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 近代国民国家の編成と両性関係
  • 第1章 明治初期における両性の関係をめぐる議論
  • 第2章 新律綱領「妻妾二等親」規定の波紋
  • 第3章 皇室典範作成課程における皇位継承の問題-女系・女帝に関して
  • 第4章 国体・教育勅語・国民道徳
  • 第5章 家制度と庶子
  • 第6章 法典調査会における議論-明治三一年民法の性格
  • 第7章 近代公娼制度の成立過程-東京府を中心に
  • 第8章 一九〇〇〜一九一〇年代の両性の関係
  • 終章 両性関係からみる日本近代の国家と社会、個人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代天皇制と国民国家 : 両性関係を軸として
著作者等 早川 紀代
書名ヨミ キンダイ テンノウセイ ト コクミン コッカ : リョウセイ カンケイ オ ジク ト シテ
出版元 青木書店
刊行年月 2005.12
ページ数 368, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4250205282
NCID BA7492605X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21042553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想