ベル・エポックの肖像 : サラ・ベルナールとその時代

高橋洋一 著

ヨーロッパが繁栄と平和を享受し、パリを中心に文化が爛熟した、短くも輝かしい時代に繰り広げられる華麗な人間模様。ミュシャ、ガレ、プルースト、コクトー、貞奴、ロートレック、ヴィクトル・ユゴーらが、稀代の大女優サラ・ベルナールとともに、今よみがえる。時代とともに生き、時代を突き動かした女優の、波瀾万丈の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ベル・エポックの幕開け(パリ大改造
  • 『椿姫』たちの時代 ほか)
  • 第2章 世紀の『椿姫』誕生(戦争の季節
  • ユゴーとの出会い ほか)
  • 第3章 パリ万博とモンマルトルの饗宴(『椿姫』パリ初演
  • ユゴー逝く ほか)
  • 第4章 新世紀の鼓動(貞奴の活躍
  • 予兆 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベル・エポックの肖像 : サラ・ベルナールとその時代
著作者等 高橋 洋一
書名ヨミ ベル エポック ノ ショウゾウ : サラ ベルナール ト ソノ ジダイ
書名別名 Beru epokku no shozo
出版元 小学館
刊行年月 2006.1
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 409387591X
NCID BA74918302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20959896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想