楔形文字入門

杉勇 著

エンテメナの碑文、ハンムラピ法典、アマルナ文書。古代オリエントの社会と思想を現代に伝える楔形文字は、どんな構成を持ち、どうやって解読されたのか-。三千年にわたりメソポタミア全域で使用された古代文字の世界を、斯界の泰斗が平易にそして深く紹介。本書は、興味深い解読史と丁寧な言語学的概説で高い評価を得る、最良の楔形文字入門である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 楔形文字の解読(解読前史-十八世紀まで
  • 古代ペルシア(第一種)文字の解読
  • エラム(第二種)文字の解読
  • バビロニア(第三種)文字の解読)
  • 2 楔形文字の世界(楔形文字のはじまり
  • 楔形文字の構成原理
  • ニネヴェの図書館
  • 古代人の文字学習)
  • 3 楔形文書さまざま(楔形文字で書かれた諸言語
  • 八ヵ国語による楔形文書の実例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楔形文字入門
著作者等 杉 勇
書名ヨミ クサビガタ モジ ニュウモン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.1
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 4061597442
NCID BA74916034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20964686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想