子守り唄の誕生

赤坂憲雄 著

寝させ唄でも遊ばせ唄でもない、日本独特の子守り唄。甘やかな郷愁とは対極の暗さを漂わせる一群の守り子唄はどこから来たのか。年端もいかぬ子守り少女たちのモノローグ。おどま盆ぎり盆ぎり、と口ずさまれる背景はいかなるものか。五木の子守唄として採集された七十余りの詞章を検討し、近代化の過程で忘れられていった精神史の風景を掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 守り子唄への道
  • 第2章 五木の子守唄とは何か
  • 第3章 守り子たちの日々
  • 第4章 流れ者の譜
  • 第5章 守り子の父は誰か
  • 第6章 宇目の唄げんか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子守り唄の誕生
著作者等 赤坂 憲雄
書名ヨミ コモリウタ ノ タンジョウ
書名別名 Komoriuta no tanjo
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.1
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 4061597426
NCID BA74914855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20964690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想