都市と文学

前田愛 述

単行本未収録の対談・座談を精選、その全体像を浮き彫りにする集成、全2巻。第2巻は、明治→大正→昭和。東京はどのように変貌をとげ、どのような記憶を内蔵しているか?近現代文学は都市をいかに映し出し、固有の時空を築きあげてきたか?建築・都市と文学、作品と読者、批評と研究の歴史的相関をあざやかに照らし出す「空間‐場所論」の展開。磯崎新、磯田光一、奥野健男、清水徹、谷沢永一、野口冨士男、山口昌男ほかとの対話。全12篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東京を読む(東京-その表層と基層
  • 東京-肥大する都市空間の謎
  • 街と建物・明治以降
  • 伝承されるべき住文化)
  • 2 都市と文学(都市文学論の新地平
  • 「舞姫」の記号学
  • 都市と文学-ドストエフスキーへの新しい視座
  • 文学にあらわれる都市空間
  • 空間-明治と昭和)
  • 3 批評と研究(読者論・読書論の今日的意味-文学論の前提として
  • 批評と研究の接点・その後
  • 小林秀雄のキーワード)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市と文学
著作者等 前田 愛
書名ヨミ トシ ト ブンガク
シリーズ名 前田愛対話集成 / 前田愛 述 2
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.12
ページ数 367p
大きさ 20cm
ISBN 4622071835
NCID BA74905300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20964658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「舞姫」の記号学 山口昌男
伝承されるべき住文化 上田篤
小林秀雄のキーワード 吉田ヒロ生
批評と研究
批評と研究の接点・その後 吉田ヒロ生, 磯田光一, 谷沢永一
文学にあらわれる都市空間 奥野健男
東京その表層と基層 磯崎新, 鈴木志郎康
東京を読む
東京肥大する都市空間の謎 清水徹
空間明治と昭和 磯田光一
街と建物・明治以降 野口冨士男
解説 金子明雄
読者論・読書論の今日的意味 山田有策, 清水徹
都市と文学
都市と文学 川端香男里
都市文学論の新地平 山口昌男
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想