中世の国家と在地社会

村井章介 著

[目次]

  • 第1部 総説-通史と研究史(十三〜十四世紀の日本-京都・鎌倉
  • 佐藤進一著『日本の中世国家』によせて ほか)
  • 第2部 将軍と天皇(執権政治の変質
  • 安達泰盛の政治的立場 ほか)
  • 第3部 幕府徳政の系譜(神々の戦争-鎮西広域統治機関と幕府徳政
  • 正和の神領興行法をめぐって ほか)
  • 第4部 在地法の世界(鎌倉時代松浦党の一族結合-系図の復元を中心に
  • 在地領主法の誕生-肥前松浦一揆 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の国家と在地社会
著作者等 村井 章介
書名ヨミ チュウセイ ノ コッカ ト ザイチ シャカイ
書名別名 Chusei no kokka to zaichi shakai
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2005.12
ページ数 498p
大きさ 22cm
ISBN 4751736701
NCID BA74886079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20996501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想