イスマーイール派の神話と哲学 : イスラーム少数派の思想史的研究

菊地達也 著

[目次]

  • 序章(研究史と本研究の目的
  • 初期イスマーイール派の政治と思想)
  • 第1章 イスマーイール派終末論を支える神話と哲学(イスマーイール派における終末論
  • 終末論を支える神話構造)
  • 第2章 キルマーニーの哲学的宇宙論(ペルシア学派との関係
  • 神の定義
  • 第一知性の創定
  • 第一知性の性格
  • 一〇知性論と普遍霊魂に関する問題点
  • 離在知性と人間霊魂の関係)
  • 第3章 キルマーニーの宗教的教説(世界間の照応関係
  • 告知者、基礎者、クルアーン
  • イマーム
  • 教宣組織と宗教儀礼規定
  • 終末と救済)
  • 終章 キルマーニー思想の意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスマーイール派の神話と哲学 : イスラーム少数派の思想史的研究
著作者等 菊地 達也
書名ヨミ イスマーイールハ ノ シンワ ト テツガク : イスラーム ショウスウハ ノ シソウシテキ ケンキュウ
シリーズ名 岩波アカデミック叢書
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.12
ページ数 316, 19p
大きさ 22cm
ISBN 400026737X
NCID BA74852612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想