ヤクザに学ぶ組織論

山平重樹 著

ある意味では当然とも言えるが、ヤクザは厳しい環境の中で組織を維持・発展させてきた。そのためには強い団結力と戦闘性を保持しなければならず、彼らは一枚岩の結束と強靭な組織力を築き上げてきた。たとえば、山口組の新たな一極支配が進行しつつあるが、そこにはどのような組織原理が働いているのだろうか。また、関東の緩やかな連合組織に過ぎなかったテキヤの極東会が、強大な広域系博徒組織に匹敵する力を有するまでに至った背景には何があったのか。長年、ヤクザを対象として執筆活動を続けてきた著者が、究極の日本型組織の秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本型組織の原型(安目を売らない
  • 何が人を動かすか ほか)
  • 第2章 山口組はなぜ強いか(山口組の原点
  • ピラミッド型組織をつくる ほか)
  • 第3章 「親分」のリーダーシップ(田岡一雄
  • 稲川聖城と図越利一 ほか)
  • 第4章 組織を強くするブランド戦略(武器としての機関誌
  • ヤクザは人気稼業である)
  • 第5章 勝ち組ヤクザの情報収集術("銀座警察"という神話
  • ヒューミント(人的情報)の使い方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヤクザに学ぶ組織論
著作者等 山平 重樹
書名ヨミ ヤクザ ニ マナブ ソシキロン
書名別名 Yakuza ni manabu soshikiron
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.1
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4480062556
NCID BA74848502
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20991928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想