「大人」がいない…

清水義範 著

教育談義では、よく「親の顔が見たい」という言葉が使われるが、最近のこの国では、さながら「大人の顔が見たい」というような場面に遭遇することが多くなった。戦国時代、三河徳川家では、殿様の側近らは「大人衆」と呼ばれ、畏怖されていた。「老」=「偉」の時代である。平成の現在、「大人」はいったい、どこへ行ってしまったのか?誰も教えてくれなかった「大人のあり方」を、いろいろな角度から考える、平成版「大人入門」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「大人」と「大人でない」
  • 第2章 「若い」という魅力
  • 第3章 大人になりたくない
  • 第4章 お子様たちの文化
  • 第5章 社会現象の幼児化
  • 第6章 「大人でない」が社会を蝕む
  • 第7章 社会の中で「大人」であること
  • 第8章 「坊っちゃん」考
  • 第9章 「大人」が必要な苦況の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「大人」がいない…
著作者等 清水 義範
書名ヨミ オトナ ガ イナイ
書名別名 Otona ga inai
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.1
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4480062750
NCID BA74847474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想