通信グローバル化の政治学 : 「外圧」と日本の電気通信政策

須田祐子 著

通信政策20年の軌跡に見る外圧・グローバリゼーションの衝撃!国際政治やグローバル化が国内に作用する有り様を長年の実証研究を通して具体的かつ丹念に解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 グローバリゼーションと規制政策
  • 第3章 電気通信政策をめぐる国内政治と外圧
  • 第4章 通信自由化と通信政策の国際化
  • 第5章 需給調整問題
  • 第6章 外資規制問題
  • 第7章 接続料問題
  • 第8章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通信グローバル化の政治学 : 「外圧」と日本の電気通信政策
著作者等 須田 祐子
書名ヨミ ツウシン グローバルカ ノ セイジガク : ガイアツ ト ニホン ノ デンキ ツウシン セイサク
書名別名 Tsushin gurobaruka no seijigaku
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2005.12
ページ数 230, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4842055561
NCID BA74807618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20959390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想