日本近代のサブ・リーダー : 歴史をつくる闘い

金原左門 著

終わらない戦争やテロ、度重なる自然災害は、営々と築き上げてきた文化遺産や、人びとの生活までも壊し去り、人間への尊厳の精神を麻痺させる。こうした世のなかで人びとを「自立」と「共生」へと導く、名も無きサブ・リーダーの功徳を熱く語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 歴史のなかの「いま」に着目して-サブ・リーダーをなぜとりあげるのか
  • 1 日本近代の変動とサブ・リーダーの役割(「近代化」を推進してきたサブ・リーダーたちとの出会い
  • サブ・リーダーへのわたしの政治史研究事始め)
  • 2 「近代化」論批判への旅をたどりなおして(「近代化」論を読みなおす目のつけどころ
  • 「現在」を問う歴史学のシナリオ)
  • 3 人類史のなかで、サブ・リーダーと地域を(社会科学の諸領域から歴史学への道を
  • 地域の発掘とわたしたちの自治体史編纂
  • 人類史の「現在」と「これから」の地方史)
  • エピローグ わたしの史学史をくぐりぬけるために-"ミドル・クラス"のなかのサブ・リーダー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代のサブ・リーダー : 歴史をつくる闘い
著作者等 金原 左門
書名ヨミ ニホン キンダイ ノ サブ リーダー : レキシ オ ツクル タタカイ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2005.12
ページ数 344p
大きさ 22cm
ISBN 4818817694
NCID BA7479242X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21041426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想