批評をめぐる試み : 1964

ロラン・バルト 著 ; 吉村和明 訳

事物としての世界、ブレヒト的革命、文学とメタ言語、カフカの返答、目の隠喩、など33編。過去と未来の遠近法でかたちをあたえられた、バルト最初の批評集『エッセ・クリティック』完全新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 事物としての世界
  • 対物的文学
  • ボードレールの演劇
  • 盲目の「肝っ玉おっ母」
  • ブレヒト的革命
  • 舞台衣装の病
  • 字義通りの文学
  • 古代をどのように上演するか
  • いかなる演劇のアヴァンギャルドか?
  • ブレヒト的批判の責務〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批評をめぐる試み : 1964
著作者等 Barthes, Roland
吉村 和明
バルト ロラン
書名ヨミ ヒヒョウ オ メグル ココロミ
書名別名 Essais critiques in oeuvres completes
シリーズ名 ロラン・バルト著作集 / ロラン・バルト 著 5
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.12
ページ数 427p
大きさ 21cm
ISBN 4622081156
NCID BA74785945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20960671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想