看護職とは何か

C.D.フレズネ, G.ペラン 著 ; 久世順子, 刀根洋子, 平尾真智子 訳

「白衣の天使」から健康管理のエキスパートへ!本書は、看護職が法によって専門職として徐々に認知されてきたフランスの事情を紹介しながら、看護の歴史を辿り、その教育制度や職務内容の変遷について解説してゆく。ウイルス疾患や臓器移植の増加、高齢化社会など看護職を取りまく環境が変化しているなか、必携の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 看護師という職業の出現(看護の役割の歴史(女性性、従順さ、奉仕)
  • 職業としての看護の芽生え(見習い期間、規則) ほか)
  • 第1章 看護の基本理論と意義(看護の定義、そして今日的概念
  • 看護実践)
  • 第2章 職業の構築と職業のアイデンティティー(教育養成と職業訓練
  • 看護活動と日常業務 ほか)
  • 第3章 看護学分野の認知(看護学と職業文化
  • 決定機関における看護師たちの地位)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護職とは何か
著作者等 Duboys Fresney, Catherine
Perrin, Georgette
久世 順子
刀根 洋子
平尾 真智子
Fresney Catherine Duboys
ペラン G.
フレズネ C.D.
書名ヨミ カンゴショク トワ ナニカ
書名別名 Le metier d'infirmiere en France. (第4版)

Kangoshoku towa nanika
シリーズ名 文庫クセジュ 895
出版元 白水社
刊行年月 2005.12
ページ数 154, 5p
大きさ 18cm
ISBN 456050895X
NCID BA74778338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20961713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想