転型期日本の政治と文化

松下圭一 著

明治以来つづいた官治・集権型の政治・文化を自治・分権型に「転型」するには、いま何をすべきか。都市型社会における「市民自治」をいち早く提唱し、論壇や政治・行政に多大な影響を与えてきた著者の学問を集大成する論文集。市民、公共、自治を主題として、国家、主権、統治をかかげる従来型政治発想からの徹底した転換をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公共1 公共概念の転換と都市型社会
  • 自治2 市民文化の可能性と自治
  • 憲法3 市民立憲への憲法思考
  • 基本法4 なぜ、いま、基本条例なのか
  • 法務5 政策法務と自治体再構築
  • 財務6 転型期自治体における財政・財務
  • 文化7 文化の座標軸と政治文脈

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転型期日本の政治と文化
著作者等 松下 圭一
書名ヨミ テンケイキ ニホン ノ セイジ ト ブンカ
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.12
ページ数 221p
大きさ 22cm
ISBN 400024017X
NCID BA74775748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20969122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想