クロマチン : エピジェネティクスの分子機構

B.M.ターナー 著 ; 堀越正美 訳

一つの個体を構成する細胞は、すべて同じ遺伝子をもっている。それにもかかわらず、発現している(スイッチがONになっている)遺伝子が細胞によって異なるのはどうしてだろう。どうやって、適切なタイミングに適切な場所で適切な遺伝子が発現するのだろう。この制御の中心的役割を担っているのが、クロマチンだ。真核細胞の核の中で、遺伝子は、クロマチンというDNA‐蛋白質複合体となって折りたたまれている。そして、そのクロマチンの構造変換が、遺伝子発現のON/OFFを綿密に制御しているというわけだ。本書ではその仕組みを解説しながら、「DNAの塩基配列を変えることなく、どうやって遺伝子の機能を変換するか」というエピジェネティックな分子機構を考察する。転写反応の制御からクロマチン構造と制御機構まで説明し、遺伝子量補償を議論し、さらに染色体全体にわたる遺伝子発現の協調的な制御が必要なのはなぜなのか、という問題にまで触れていく。クロマチンによるエピジェネティクス制御を大きな視点から捉え、わかりやすく、そして詳しく解説した決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 転写調節:共有した目的と共通する機構
  • 真核細胞生物の転写:複雑さの問題
  • ヌクレオソーム:クロマチン構造の基本単位
  • ヒストンテイル:化学修飾とエピジェネティック情報
  • 高次クロマチン構造と核編成
  • クロマチン環境下での転写
  • クロマチンのリモデリング装置
  • ヘテロクロマチン
  • 遺伝子発現の長期的サイレンシング
  • 細胞の記憶とインプリンティング
  • 遺伝子量補償の分子構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クロマチン : エピジェネティクスの分子機構
著作者等 Turner, Bryan M
堀越 正美
ターナー ブライアン・M.
書名ヨミ クロマチン : エピジェネティクス ノ ブンシ キコウ
書名別名 Chromatin and gene regulation
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2005.12
ページ数 282p
大きさ 26cm
ISBN 4431710213
NCID BA74750215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20966965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想