絵画について

ディドロ 著 ; 佐々木健一 訳

18世紀パリの新風俗となったサロン展。その批評活動に立脚して書かれた『絵画論』関連の4篇を収録。模倣に自然哲学と芸術の接点を見出し、趣味を論じて美の判定の根拠を問う。デッサン・色彩・明暗法・構成等を論じ、シャルダンらの仕事を踏破する、独創的な美学論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 絵画論(デッサンに関するわたしの奇想
  • 色彩に関する愚考
  • わたしが生まれてこのかた明暗法について理解したことのすべて
  • 表情に関して誰もが知っていること、誰もが知っているわけではないこと
  • 構成に関する章、構成について話そうと思っている章
  • 建築に関するわたしの意見
  • 全体に関する小さな補論)
  • 付 明暗法の検討
  • 一七六五年のサロン序文
  • ソフィー・ヴォランへの書翰(一七六二年九月二日)
  • マニエールについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画について
著作者等 Diderot, Denis
佐々木 健一
書名ヨミ カイガ ニ ツイテ
書名別名 Essais sur la peinture

Kaiga ni tsuite
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.12
ページ数 279p
大きさ 15cm
ISBN 4003362470
NCID BA74747061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20968429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ソフィー・ヴォランへの書翰 一七六二年九月二日
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想