経済学的思考のセンス : お金がない人を助けるには

大竹文雄 著

「お金がない人を助けるには、どうしたらいいのですか?」小学5年生が発したこの問いに、経済学者はどう答えるだろうか。女性が背の高い男性を好む理由からオリンピックの国別メダル獲得数まで、私たちの周りには、運や努力、能力によって生じるさまざまな格差や不平等がある。本書は、それらを解消する方法を、人々の意思決定メカニズムに踏み込んで考えることによって、経済学の本質をわかりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ お金がない人を助けるには?
  • 1 イイ男は結婚しているのか?
  • 2 賞金とプロゴルファーのやる気
  • 3 年金未納は若者の逆襲である
  • 4 所得格差と再分配
  • エピローグ 所得が不平等なのは不幸なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学的思考のセンス : お金がない人を助けるには
著作者等 大竹 文雄
書名ヨミ ケイザイガクテキ シコウ ノ センス : オカネ ガ ナイ ヒト オ タスケル ニワ
書名別名 Keizaigakuteki shiko no sensu
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.12
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4121018249
NCID BA74744063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20973332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想